« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

ブッシュ家とケネディ家

ブッシュ家とケネディ家
越智道雄
朝日選書、2003.7.25

アメリカの歴史で父子二代にわたって大統領をつとめたのは、ジョンアダムズ父子(第2代、第6代)とブッシュ父子(第41代、第43代)の二例だけ、祖父と孫でもウィリアムヘンリーハリスン(第9代)とベンジャミンハリスン(第23代)の一例だけで、まれなことであることがわかる。
本書は、アイルランド系カトリックのケネディ家と、生粋のWASPでありながら南西部資本にも足をかけるブッシュ家を対比させ、アメリカの大統領をめぐるパワーポリティクスの深層を描く。
WASPに対抗してアイルランド系として初の大統領をめざしながら、第二次大戦時駐英大使としてヒトラーに肩入れしすぎて夢やぶれるJFKの父ジョーケネディの描写や、ブッシュ息子はバカを演じられるだけの器量を持っていることを示すエピソード、など、興味深い内容が多い。しかし、翻訳調の上指示詞が何を指しているのかわからない文体や、必ずしも時系列にエピソードが並んでいなくて複雑に行き来するなどして、非常に読みづらい。言うならば、せっかく高級なネタを贅沢にそろえているのに、変にいじって素材の味を殺してしまった料理のような本になっている。

しかし[イラク戦争を再開する]最大の理由は、以下に述べる事態である。2001年時点でアメリカの貿易赤字は4500億ドル、自国を破産させないためには日欧からの投資(米国債・社債購入もしくは直接投資)が不可欠となる。つまり、アメリカは孤立して、伝統的なモンロー主義には戻れない。他方、日欧その他にとって、アメリカは消費市場としての役目しかない。総じて世界はアメリカをますます必要としなくなりつつある。しかしアメリカは世界をますます必要としつつある。つまり、あらゆる形で世界(特に日欧)から金を取り立てないと立ち行かなくなりつつあるのである。世界をむりやり引きつけておくには、世界最強の兵力を保持し、今回のイラク侵攻のように、確実に勝利が見込める弱い国相手に戦争をしかけ、短期間に勝利を勝ち取って、世界を恐れさせ続けないといけない。(p.184-185)
イラクのような産油国は、アメリカのために必要なのではなく(米はベネズエラ、メキシコ、カナダから石油の大半を輸入)、むしろ中東の石油が不可欠な日欧に常に自国への投資を続行させるカードとして、イラクの親米化が必要なのだ。(p.184)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイレント・クレヴァーズ

サイレント・クレヴァーズ
原田武夫
中公新書クラレ、2004.6.10

日本をだめにしたのは団塊の無責任世代だ、日本を変えるのは1970年前後生まれの30代だ、と言っている。
そうですか、という感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騙すアメリカ騙される日本

騙すアメリカ 騙される日本
原田武夫
ちくま新書、2005.12.10

1980年代に日米貿易摩擦が頂点に達し、「NOと言える日本」が合い言葉になるほど先鋭化した日米対立。それが1990年代に入りまるで氷が溶けるかのように消えてしまったのはなぜか。著者はそれをアメリカが日本に対する戦略を変え、自らが表だって日本を動かすのではなく、日本自身が自ら「構造改革」の名の下にアメリカの望む方向に主体的に行動するよう仕向けたからと説く。
部分的には、まあそうかな、と思わせるところもあるが、書き方が回りくどい上、頻繁にアメリカ政治を陰で動かしている「奥の院」なるものが提示されるが、それが何かはさっぱりわからない。そのため、結局この本はいわゆる"conspiracy theory"本の域を出ない。
また、本書にも触れられているが、「日米規制改革および競争政策イニシアティブに基づく日本国政府への米国政府要望書」は、実質的にアメリカの指示書で、日本は必ず実施することはよく知られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比較日本の会社 出版社

比較日本の会社 出版社
塩澤実信
実務教育出版、2003.11.10

[元新潮社専務]斎藤十一の強気の編集企画の根拠となったのは「自分の知りたいこと、読みたいことをもっとも適切と考える人に書いてもらう」というアメリカ「ニューヨーカー」の創刊編集長ハロルド・ロスの名言にならたのだろう。(p.13)

雨の日、風の日、訪問日和 (講談社創業者 野間清治) (p.161)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮外交の真実

北朝鮮外交の真実
原田武夫
筑摩書房、2005.4.25

「北朝鮮外交の」と謳っているわりには北朝鮮外交については内容がない。
どちらかというと外務省がいかに機能していないかを元外交官の目から見て語った、という本。
佐藤優とも一致しているので外務省and/or日本の政治にインテリジェンスがない、というのはその通りなのだろう。ただ、実体験の深さという点では佐藤に軍配があがる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出版動乱

出版動乱—ルポルタージュ・本をつくる人々
清丸恵三郎
東洋経済新報社、2001.7.12

雑誌、新書、漫画、新興出版社などを取材して出版を巡る環境を詳細にレポートする。
2001年出版と少し以前に発行されたため、オンライン書店の章でアマゾンについて厳しい見方をしているなど、今の状況からすると当てはまらない部分もあるが、トーハン日販など出版取次に代表される出版業界の構造など現在でも解決されていない問題について詳しく知ることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読むことの力


ロバートキャンベル編
講談社、2004.3

テレビに出演していたロバートキャンベルに興味を持って手に取った本。
「読む」ことをキーワードに実際に講義された内容をまとめたもの。文章を読むことに限らず、写真、春画、詩などがそれぞれの分野の講師によって読まれる。
ロバートキャンベルの文章の格調高いことに驚く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昭和30年

業界の新年会に弊社会長と二人で出席した。
雑談タイムになったときに見知らぬ方が寄ってきて「お宅昔両国に会社なかったかい?」と聞かれた。話を聞いてみると昭和30年頃弊社で働いていた方で、その後独立して事業を営んでいると言う。当時のことをよく覚えていて色々話すのだが、会長ですらまだ高校生時分のことで、70歳近い会長がその方の前ではまるで小僧扱いである。
弊社は戦前創業で業歴だけは長いので、昔のことを知っている方がまだまだいらっしゃるが、これほど古い時代の話を実際に聞いたのは初めてで貴重な体験をした。
世の中はずいぶんと狭いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国債〈下〉

日本国債〈下〉
幸田真音
講談社文庫、2003.11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本国債〈上〉

日本国債〈上〉
幸田真音
講談社文庫、2003.11

著者の講演を聞いたので、読んでみた。
国債の入札システムについて小説の形で教えてくれる、といった本。
文体には深みがないので、この小説自体の価値を問うのはむずかしい。あくまで経済小説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小説ヘッジファンド

小説ヘッジファンド
幸田真音
講談社文庫、1999.3

為替について小説の形で教えてくれる、といった本。さらっと読みとばすにはよい。
もっと大きな視点から金融工学について知りたいのであれば、マネー革命—NHKスペシャル (1)のほうが理解を深められると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

99・9%は仮説

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方
竹内薫
光文社新書、2006.2.20

反証可能なものが科学であり、反証できないものは宗教である。世の中の全ては仮説であって、我々が真に実在しているかは立証できない。表題の残り0.1%は宗教、ということになるんでしょう、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フーコー・ガイドブック—フーコー・コレクション

フーコー・ガイドブック—フーコー・コレクション
小林康夫、石田英敬、松浦寿輝編
ちくま学芸文庫、2006.11.10

フーコーの主要著作の概要解説とコレージュ・ド・フランス講義要旨を収録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「学級」の歴史学—自明視された空間を疑う

「学級」の歴史学—自明視された空間を疑う
柳治男
講談社選書メチエ、2005.3.10

「どうして学校に学級はあるのか?」という、今まで自明視されてきた視点から、学校の問題を考える。
学級は、パックツアーやマクドナルドと同じ、徹底して供給側の論理を考えた事前制御のチェーンシステムであり、そもそもイギリスの貧民に効率よく教育(3R's)をほどこすために考えられた装置である。
現在教育問題を語る上で起きている齟齬は、チェーンシステムを基盤とする学校制度というハードウェアの部分が不可視になっていて、見えるソフトウェアの部分において「よい教育/悪い教育」という言説が語られるところに起因している。言い換えるならば、学校制度という装置は需要者である生徒の意志とは関わりなく一定のサービスだけを供給するように設計されているのに、その部分が不可視になっているために、それとは正反対の多様なサービスが簡単に供給可能であるかのような「児童中心」「個性重視」といった言説が絶え間なく紡ぎ出されるところにその原因があると結論する。
フーコーの思想を援用して学級の権力作用をわかりやすく語っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリジェンス 武器なき戦争

インテリジェンス 武器なき戦争
手島龍一、佐藤優
幻冬舎新書、2006.11.30

元NHKワシントン支局長とロシア専門の外務省職員の対談。直近の北朝鮮情勢やイラクを巡る情勢分析や、日本外交の問題点などを「インテリジェンス」(国家の命運を担う政治指導者が舵を定めるための羅針盤である、p.17)という観点から対談によって明らかにする。様々な情報を組み合わせることで国際状況を説明する一方で、朝日新聞や外務省に対する皮肉の聞いた発言は、この本自体がインテリジェンスであることを示している。
幻冬舎の新書創刊シリーズの一冊でもあり、力の入った内容になっている。

秘密情報の98%は公開情報を再整理することによって得られるという。(佐藤、p.4)
インテリジェンスの能力は、国力からそれほど乖離しないものです。(佐藤、p.46)
外交というのは「薄っぺらい論理」が重要だと思います。[略]薄っぺらい論理で土俵を制限し、勝てる状況を作って対応すればいいのに、日本外交は何もしない。(佐藤、p.156)
[前原前民主党代表は]カラオケ屋さんで音痴の人が自分の音がズレていることに気づかないままマイクを握っているような物ですね。あのミスは実に決定的な物で、もはやインテリジェンスの世界に入ることは許されない。[略] これは資質の問題なので訓練してもなおりません.(佐藤、p.187)

・イスラムを理解するための本:コーラン、「民族とナショナリズム」(ゲルナー)、"Islam: The Straight Path" John L. Esposito (佐藤、p.198)
・モニカルインスキーとレオメラメド元シカゴ商品取引所会長は杉原サバイバル(手嶋、p217)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林達也ピアノリサイタル

2007/01/08:トリフォニーホール
070108


| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家の品格

国家の品格
藤原正彦
新潮新書、2005.11.20

清々しいほど西欧文明を批判し、日本の精神、とくに新渡戸の「武士道」を称揚する。日本人が漠然と思っていることをわかりやすく刺激的な言葉ではっきり述べていることが、227万部のベストセラーになった要因の一つではないか。なぜ英語を話すのか、なぜディベートをするのか、もういちど考え直すきっかけにするにはよい。

・論理だけでは問題は解決できない。
・論理の長さは使えてもせいぜい一つか二つ。
・「風が吹けば桶屋がもうかる」は現実にはありえない。
・論理は、その展開がどれほど正しくても、前提が間違えていれば結果は決して正解にならない。
・自由も平等もヨーロッパで作られたフィクションにすぎない。
・人を殺してはいけない論理的理由などない。いけないからいけない。
・エリートは必要。

「産業革命の家元イギリスが七つの海を武力によって支配し、その後をアメリカが受け継いだ結果、いま世界中の子供たちが泣きながら英語を勉強している。侵略者の言葉を学ばなければ生きていけないのですから。」(p.13)

「ところが最近の若い人たちは、内容は何もないのに英語はペラペラしゃべるから、日本人の中身が空っぽであることがすっかりバレてしまいました。内容がないのに英語だけは上手いという人間は、日本のイメージを傷つけ、深い内容を持ちながら英語は話せないという大勢の日本人を、無邪気ながら冒涜しているのです。」(p.42)

「初等教育で、英語についやす時間はありません。とにかく国語です。一生懸命本を読ませ、日本の歴史や伝統文化を教え込む。活字文化を復活させ、読書文化を復活させる。それにより内容を作る。遠回りでも、これが国際人をつくるための最もよい方法です。」(p.42)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グーグル・アマゾン化する社会

グーグル・アマゾン化する社会
森健
光文社新書、2006.9.20

ロングテールは一時的な現象であり、むしろヘッド(恐竜の頭)が巨大化する結果を生んでいる。言い換えるならば、世界のフラット化は、スケールフリーアーキテクチャーの結果として収穫逓増の法則が働き、情報の多様化を生む一方で情報の一極集中化を生む。
Web 2.0とは「ユーザー参加型」であり、ユーザーが提供したデータに基づく「膨大なデータベース」によって構成されるサービスである(p.60)が、このようなサービスの行き着く先がパーソナライゼーションと集団分極化であり、現実の社会で偏った意思決定が起こる要因となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング
本田直之
東洋経済、2006.12.14

本をたくさん読め、全部読もうとするな、読みっ放しにするな、という本。

主にビジネス書についてのHow toとして書かれているので、文学書などにはあてはまらないが、読んだ本を読みっ放しにせず、必ず何らかのフィードバックをするべきだというアドバイスは、納得できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

口頭試問

修論口頭試問
日時:07/01/08(月) 10:00-10:30
場所:図書館グループ視聴室

1.引用についての注意。
2.論文内容についていくつか質疑応答。

ようやく一通り終了。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

広告都市・東京—その誕生と死

広告都市・東京—その誕生と死
北田暁大
廣済堂出版、2002.11.1

広告が、商品の機能等を説明して売るハードセルから、イメージ・記号的差異を生み出すヴィジュアルデザインを取り入れたソフトセルになり、さらに自らが広告であることを隠す<隠れモード>、あるいはスーパーソフトセルとでもいった形態に変化した過程を、映画「トゥルーマン・ショー」を例に説明する。そして、80年代のパルコを中心とした渋谷が、現実化した「トゥルーマン・ショー」であると説く。さらに、そのような広告=都市がポスト80年代では携帯電話の出現によって通用しなくなり、広告が再び自ら広告であることを明らかにするようになったことを、「つながりの社会性」と「秩序の社会性」という二つの概念と、「見られているかもしれない不安」から「見られていないかもしれない不安」への私たちの意識の変化によって説明する。

できれば自分の手元に置いておきたい本。
図書館で借りたのですが、たった4年前の本が絶版になって、古本で買おうとすると定価の3倍になるとは、日本の出版流通はおかしいですね。業者の自分が言うのもなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーダーになったら悪口は家のネコに話せ!

リーダーになったら悪口は家のネコに話せ!
マイケル・ファイナー、服部千佳子訳
中経出版、2005.10.1

会社で生きていくための上司、部下との人間関係の注意点を挙げたペプシの元副社長の本。
表題「リーダーになったら悪口は家のネコに話せ!」一言が本書の内容を全て言い尽くしているので、内容を読む意味はあまりない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪の読書術

悪の読書術
福田和也
講談社現代新書、2003.10.20

自分の好きな本は、その人の内面を映し出すから、人に公言するときにはそれなりに注意しましょう、という本。ヨーロッパではある本を読む/読まない、ということはその人がある階層に属している/属していない、ということを直接的に意味している、と紹介したり、そのような考えに基づいて、「ある著者が好きだ」ということが、社交的に(=他の人の目に)どのように映るか、具体的に解説している。たとえば、宮部みゆきや高村薫が好き、という女性は「オボこい(寂しい生活を送っているんだなあ)」と見られる、とか。

ただ、そういう見方もあるだろうけれど、自分の読んだ本をブログで公言することほど内面をさらけ出すことはないわけで、読む本と階層が明確に分かれていない日本の読書環境のほうが幸せ、という気がする。

「でも本の場合は、ベストセラーを贈ればいいというものではないですし、また書物というのは過剰な意味がそこに付与されてしまいがちだから難しい。逆にいえば、男性の歓心、とくに年上や目上の人の好意を戦略的に勝ち取ろうとするには、話題にでた本や、教えられた本、もらった本を読んで、共感する、したふりをすればいいという考え方もあるでしょう。」(p.114-114)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千円札は拾うな。

千円札は拾うな。
安田佳生
サンマーク出版、2006.1.25

「たとえば、売り上げが22億円で利益が一千万円出たとしよう。この場合、社長は一年間で二十一億九千万円もの大金を遣っていると言える。だが、経営者にその自覚がないと、『一年間みんなでがんばった結果、売り上げは二十二億円、そのうち利益は一千万円でした』ということになってしまう。そうした言葉からは、二十一億九千万円も使って一千万円の利益しか出せなかったという反省は生まれてこない。」(p.61)

「たかが香り、たかが見てくれと男性諸君は思うかもしれないが、今や『オシャレ』は、『流行や価値観の変化を敏感に察知し、自分をよりよく変えていく』という姿勢の現れであり、その人の『変化値』を見極めるとてもよい指標となっている。」(p.105)

「やるかやらないかというときは、それが新しいものであればやる。今やっていることを続けるか続けないかというときは、それが今までずっとやってきたことならやめる。というのも今のようにめまぐるしく価値観が変わるような時代は、昨日と同じことを今日も続けていたのでは、どんどん取り残されていってしまうからだ。」(p.125)

「経営の勝敗は、売り上げ設計図を作った時点ですでに決まっている。」(p.151)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一生モノの人脈力

一生モノの人脈力
キース・フェラッジ
ランダムハウス講談社、2006.7.19

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歓びを歌にのせて

歓びを歌にのせて(DVD)
監督: ケイ・ポラック
出演: ミカエル・ニュクビスト, フリーダ・ハルグレン, ヘレン・ヒョホルム

病に倒れた世界的に有名な指揮者が、生まれ故郷スウェーデンの小さな村に戻り、聖歌隊の指揮を通じて「人の心を開く音楽」を実現しようとする話。

ヨーロッパはキリスト教との位置関係でしか人間を捉えることができないということを改めて感じた。主人公は聖歌隊を指揮する過程で人々の悩みを解放し、教会の矛盾を明らかにしていく。しかしそれは決して教会の否定にはつながらない。なぜならば、作中では聖歌隊こそキリストの栄光を明らかにする役割を担っているのであり、その歌声によって最後に主人公は救われるからである。

作中ソロを歌った女優は本職の歌手であり、聖歌隊のコーラスを含め、音楽を聴くために見る価値はある。できれば音響設備の整った映画館で見たい映画。

T's recommendation。正月からよい映画を紹介してもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローマ人の物語XV

ローマ人の物語XV
塩野七生
新潮社、2006.12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »