« デキる上司の外見成功術 | トップページ | ピカソの祈り »

涼宮ハルヒの憂鬱

涼宮ハルヒの憂鬱
谷川流
角川スニーカー文庫、2003.6.10

一部ではエヴァンゲリオン後の最も重要な作品と評価される小説。普通の女子高生が実は世界を思うように変える力を持っていた、という話。

「終わりなき日常」を象徴する学校を舞台に、一見何の変哲もない日常的ドタバタが展開されるかと思いきや、そこに、主人公の精神世界が変わるとそれが直接現実世界を変える力を持つ(この設定自体はエヴァに類似している)という設定を持ち込むことで非日常的展開を可能にし、登場人物には読者の嗜好に応じていかようにも対応出来る萌え要素をふんだんに盛り込んだ、読者サービス満点の小説、と言えようか。実際、登場人物は、ツンデレ、うさ耳、ゴスロリ、メイド、バニー、などこれでもかというくらい萌え要素を惜しみなく提示する。東浩紀的に言えば、データベースと萌え要素でできた小説。

ハルヒの新しくて面白いところは、「萌え要素」を話の中で登場人物が自らメタ的に言及しているところ。

|

« デキる上司の外見成功術 | トップページ | ピカソの祈り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/13262480

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱:

« デキる上司の外見成功術 | トップページ | ピカソの祈り »