« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

陰陽師 大極ノ巻

陰陽師 大極ノ巻
夢枕獏
文春文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽師 龍笛ノ巻

陰陽師 龍笛ノ巻
夢枕獏
文春文庫

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽師 付喪神ノ巻

陰陽師 付喪神ノ巻
夢枕獏
文春文庫

「人がそれを見、それを石と名づけて─つまり、石という呪をかけて初めて石というものがこの宇宙の中に現れるのだ」(p.205)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽師 飛天ノ巻

陰陽師 飛天ノ巻
夢枕獏
文春文庫

つい野村萬斎と伊藤英明を思い浮かべます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陰陽師

陰陽師
夢枕獏
文春文庫

いずれも今昔物語に題材を採っているからか、雰囲気が羅生門に似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

論文検討会

論文検討会(大橋研究会)
日時:06/07/16(日14:00-18:00
場所:文京学習センター

方向性と進捗の確認。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アースダイバー

アースダイバー
中沢新一
講談社、2005.6.1

 東京を沖積世と洪積世の土地に分け、その成り立ちが現代の日本人の精神性にも深層で影響を及ぼしている、という考えに基づきながら東京を散歩していく。
 たとえば、鷲神社のお酉様がもともと一年で日照の最も短い時期に、そのアンバランスを解消するために、北極星・鷲・熊という陽を司る象徴を用いて行われた祭事であると分析する。そして、それが明治の神仏分離から日露戦争中の鷲=ロシアという表象関係のもとで鷲が排除されてしまったために元の意味からかけ離れた現在の形態になったが、一方で鷲神社の隣にあるお寺では今でも鷲を用いた熊手が売られ、それこそが本来の意味を保った形なのだと解説する。
 全体として分析にそれぞれの研究分野からの引用などがないために、それが本当に分析として正しいものなのか、中沢の直感によるものなのかが曖昧としている。それゆえに学問書として見ることは不可能であるし、どちらかというと怪しげなトンデモ本の雰囲気を漂わせている。それを承知で中沢の東京散歩につきあうつもりで読めば、それなりに楽しめる本ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者 室井慎次

容疑者 室井慎次 (DVD)
監督: 君塚良一
出演: 柳葉敏郎, 田中麗奈, 哀川翔, 八嶋智人, 吹越満

警察庁、警視庁、検察、公安を交えての権力闘争バトルロワイヤル。
室井が主人公である必然性がない。
事件は室井や関係者とは関係ないところで解決する。
難しく考えなければ部分部分は楽しめるが、全体としてみると微妙。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理由 (DVD)

理由 (DVD)
監督:大林宣彦
出演: 村田雄浩, 寺島咲, 岸辺一徳,その他

原作の設定が1990年代後半なのに、映像は昭和30年代を思わせるレトロ感たっぷり。舞台となる下町の映像もとても現実離れしていて、監督はどこか別の世界の映画を作っているのではないかと思わせる。
原作も多少現実ばなれしているかもしれないが、それにしてもあまりにも非現実的な映像が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松竹大歌舞伎勘三郎襲名披露

2006/6/30:江戸川区総合文化センター

松竹大歌舞伎 十八代目中村勘三郎襲名披露
主催:平成18年度全国公立文化施設協会

十八代目中村勘三郎襲名披露口上
 中村勘三郎、七之助、中村扇雀ほか幹部俳優

義経千本桜:木の実、小金吾討死、すし屋
 いがみの権太:中村勘三郎
 主馬小金吾、お里:七之助二役
 若葉の内侍:坂東新悟
 猪熊大之進:片岡亀蔵
 梶原景時:片岡市蔵
 弥左衛門:坂東弥十郎
 弥助実は三位中将維盛:中村扇雀

勘太郎は怪我のため小金吾を七之助が代役。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »