« ぷちナショナリズム症候群 | トップページ | 将の器参謀の器 »

「伝統」とは何か

「伝統」とは何か
大塚英志
ちくま新書、2004.10.10

「『伝統』は、それを望む人々によって『作られて』いく側面があることをまずぼくたちは理解すべきだ。『伝統』とは、しばしばその担い手たちによって『作られる』ものなのである。」(p.15)

「『伝統』をもとめるがゆえにそれを『ある』ことにしてしまい、そして、それを根拠としてぼくたちはしばしば社会的政治的な判断をしようとする。つまり『伝統』はぼくたちの思考のあり方としてはいささか
マッチポンプ的であり、しかし『伝統だから』と一度、根拠にしてしまうとぼくたちはそれをもはや冷静に検証できなくなる。』(p.21)

|

« ぷちナショナリズム症候群 | トップページ | 将の器参謀の器 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/8452188

この記事へのトラックバック一覧です: 「伝統」とは何か:

« ぷちナショナリズム症候群 | トップページ | 将の器参謀の器 »